インプラント・入れ歯

”メリット・デメリットをよく理解すること”
それが納得できる治療に繋がります。

インプラント

機能性、耐久性、審美性の高さから、歯を失った時の治療としてインプラントを選択される方が増えています。天然歯にはかなわないとはいえ、インプラントは優れた治療方法です。その機能性の高さから「第二の天然歯」とも呼ばれています。

しかしインプラントには様々なメリットがある一方、デメリットもあります。当院ではそれらをすべて詳しくご説明し、ご納得頂いた上で、治療を行うようにしております。

また、インプラントを長期間快適に使用し続けるためには、治療後の定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを怠ると「インプラント周囲炎」などの病気を発症してしまう可能性がありますので、きちんと定期的にメンテナンスを受けられるようにしてください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(チタン製)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで、天然歯に近い機能性や審美性を取り戻す治療方法です。顎の骨に定着させるので、入れ歯のようにぐらついたり、外れたりするようなことはありません。硬い物でもしっかりと噛めるようになります。当院では、デンツプライIH社(前アストラテック社)のインプラントを使用しています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 顎の骨に定着させるので、硬い物でもしっかりと噛むことができる
  • 入れ歯のように金属のバネを使用しないので、審美性を損なうことがない
  • 入れ歯のように金属のバネを使用しないので、違和感がほとんどない
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 物がよく噛めるようになるので、全身や周囲の歯に良い影響を与える場合がある
デメリット
  • 顎の骨にインプラントを埋め込むために、手術が必要となる
  • 入れ歯と比べて、費用が高額となる場合がある

治療後の定期的なメンテナンスが大切です

インプラントを長期間快適に使用し続けるためには、治療後の定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを怠ると、「インプラント周囲炎」などの病気を発症してしまう可能性があります。インプラント周囲炎とは、インプラントの根元に歯垢(プラーク)が溜まり、歯周病菌に感染することで、インプラントを支える骨が溶けてしまう病気です。この病気を発症させてしまうと、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

インプラント周囲炎を予防するには、ブラッシングなどの毎日のご自宅でのケアを行うとともに、歯科医院で定期メンテナンスを受ける必要があります。インプラントは「埋めたら終わり」ではありません。その後も定期的にメンテナンスを受けることで、様々なリスクからインプラントを守り、末永く快適に使用し続けることができるようになるのです。

入れ歯

最近のインプラント人気もあって、「入れ歯」と聞くと時代遅れのように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。入れ歯にはインプラントにはないメリットがあり、それは「インプラントと比べて、費用が抑えられる」というものだけではありません。

「入れ歯が進化したもの=インプラント」ではなく、それらはまったく別ものであり、それぞれに特徴があるのです。そのため、ご自身の歯の状態や希望などを鑑みて、適切に選択することが重要です。もちろん当院でも、患者様の状態を診させて頂いた上でアドバイス致しますので、まずは一度当院にご相談ください。

入れ歯とインプラントの比較

治療方法

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋め込むために手術が必要となりますが、入れ歯ではそうした処置は必要ありません。

噛合力

一般的に、インプラントの方が天然歯に近い噛合力が得られるとされていますが、これは患者様によって個人差があります。入れ歯であっても、十分な噛合力が得られる患者様もいらっしゃいます。

費用

入れ歯には保険適用のもの、自費診療のものがありますが、インプラントはすべて自費診療となります。

治療方法

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋め込むために手術が必要となりますが、入れ歯ではそうした処置は必要ありません。

治療期間

インプラントと骨の結合期間が必要となるため、基本的にはインプラント治療の方が治療期間は長くなります。

当院が取り扱う入れ歯の種類

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯です。他の入れ歯よりも費用を抑えることができます。

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用した入れ歯です。耐久性に優れており、入れ歯自体を薄く仕上げることができるので、少ない違和感で装着して頂くことが可能です。また、金属を使用しているので熱伝導に優れており、食事の際の温度を自然に感じることができます。

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを使用しない入れ歯です。金属のバネを使用しないので審美性に優れており、柔らかく、力を加えても破損しにくくなっています。「入れ歯を装着していることを、まわりの人に気づかれたくない」という方などにおすすめです。

入れ歯を「自分の歯」と思い、きちんとメンテナンスするようにしてください

入れ歯を長期間快適に使用し続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。当院では天然歯のメンテナンスと同様に、3~6ヶ月に1回程度のメンテナンスを推奨しています。入れ歯を決して「人工歯」とは思わずに、「自分の歯」とお考えになって、きちんとメンテナンスを受けられるようにしてください。

また、部分入れ歯の場合、入れ歯だけでなく残存歯のメンテナンスも重要となります。歯は時間の経過とともに状態が変化しますので、その状態に合わせて入れ歯を調整しなければ残存歯に影響をおよぼす可能性があります。入れ歯を長期間快適に使い続けるためにも、残った歯を大切に守り続けるためにも、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしてください。

スマイルブログ スタッフブログ 提携医院 石井病院 提携医院 山田歯科医院
TEL:078-911-2319