予防歯科・歯周病

”年に2回の定期検診”
これが歯を長持ちさせる秘訣です。

予防歯科

歯を失った時、インプラント、入れ歯など様々な方法で補うことができ、それらの機能性、耐久性、審美性の向上は目覚ましいものがありますが、やはり天然歯にはかないません。天然歯は唯一無二のものであり、それを「補う」ことはできても、完璧に代用できるものはないのが現状です。

こうしたかけがえのない天然歯をいくつになっても維持するためには、定期メンテナンスなどの予防歯科を受診して、病気予防をはかることが大切です。「歯科医院は歯が病気になった時に行くところ」とお考えの方も多いかと思いますが、そうではありません。歯科医院は「歯を病気から守るために行くところ」でもあるのです。当院では歯に何の問題も抱えていらっしゃらない方であっても、3~6ヶ月に1回程度ご来院頂き、メンテナンスを受けられることを推奨しています。

ご自宅でのケアと歯科医院でのケアの違い

歯を病気から守るためには、ブラッシングなどの毎日のご自宅でのケアが欠かせません。しかし、それだけではお口の中の汚れをきれいに落とすのは難しいと言えます。

付着したばかりの汚れはご自宅でのケアでも落とすことは可能ですが、付着して1週間程度過ぎたような汚れは、ご自宅でのケアだけでは落とすことは困難です。こうした汚れは、歯科医院でのケアできれいに除去されることをおすすめします。

このようにご自宅でのケアと歯科医院でのケアを上手く活用すること、いわば「ご自宅でのケア」と「歯科医院でのケア」のキャッチボールを行うことで、より効果的に病気予防をはかることができるようになります。

当院の予防歯科メニュー

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。専用器具を使って、ご自宅でのブラッシングだけでは落としきれない汚れを、きれいに取り除きます。煙草を吸われる方や、コーヒーや紅茶など色が付きやすいものをよく摂られる方などにおすすめです。
PMTCでは、歯を清潔にすることで虫歯や歯周病などの病気を効果的に予防して頂くことができるほか、歯の表面をツルツルにすることで爽快感を味わって頂くこともできます。ブラッシングなどのご自宅でのケアのワンランク上のクリーニング、それがPMTCなのです。

スケーリング

スケーリングとは、「スケーラー」と呼ばれる専用器具で歯石除去などを行う治療です。歯石は歯周病の原因となる細菌の温床となりますので、それを除去することで効果的に歯周病の改善・予防をはかって頂くことができるようになります。歯石は何度除去しても再び付着しますので、歯科医院で定期的に除去するのが理想的です。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、スケーリングだけでは除去するのが難しい歯石を取り除く治療です。歯周ポケットが深くなってしまった場合などには、スケーリングだけでは効果的に歯石が除去できないことがあります。そうした場合、専用器具を使って、通常では届かない箇所の歯石を除去し、お口の中を清潔な状態に導きます。

歯周病

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)内の細菌に感染することで、歯茎が炎症を起こしたり、歯槽骨(歯を支える骨)が溶けてしまったりする病気です。症状が進行すると歯が抜け落ちてしまうこともあり、現在、高齢になった時に歯を失う一番の原因であるとされています。

歯周病との付き合いは、身長が止まった時点、つまり成長が止まった時点から始まると言っても過言ではありません。そして一度歯周病にかかると完治させることはできません。ですので、20代前半までにいかに「歯を定期的にメンテナンス」する習慣を付けておくが、歯周病を予防する上で非常に重要であり、ひいては「天然歯の維持」にも繋がるのです。

歯周病の特徴

歯周病は初期段階にはほとんど自覚症状がありません

歯周病は「サイレントキラー」とも呼ばれます。それは、初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れず、気がついた時には症状が進行してしまっていたというケースが多いからです。そのため、歯周病を早期発見・早期治療するためには、歯科医院で定期検診を受ける必要があります。

高齢になった時に歯を失う一番の原因

歯周病は症状が進行すると、歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらと動くようになり、最悪の場合、そのまま抜け落ちてしまうこともあります。そのため、高齢になった時に歯を失う一番の原因であるとされています。そうしたことから、歯周病を予防することは「天然歯の維持」に繋がると言えます。

全身の健康にも影響をおよぼします

歯周病はお口の中だけでなく、糖尿病や心臓病など、全身の健康にも影響をおよぼすことがわかっています。さらに妊娠中の歯周病は、飲酒・喫煙の約5倍、早産や流産のリスクを高めると言われています。歯周病は耳慣れた病気であるため、警戒心の薄い方もいらっしゃるかもしれませんが、決してあなどっていい病気ではありません。全身の健康を守るためにも、歯科医院で定期検診を受けられて早期発見・早期治療をはかるようにしてください。

歯周外科治療

歯周ポケットに歯石が大量に付着している場合、また、歯周ポケットが非常に深くなり、歯石の除去が困難な場合などは、スケーリングやルートプレーニングなどの歯周基本治療以外にも、「フラップオペ」という治療を行うことがあります。フラップオペでは歯茎を切開し、歯根の表面まできれいに清掃します。また、歯周病により歯槽骨が溶けてしまった場合などには、「GTR法」「エムドゲイン」など歯周組織再生療法を行うことがあります。

フラップオペ

スケーリングやルートプレーニングなどの歯周基本治療では改善が見込めない場合、また、深い歯周ポケットが残り、炎症が改善されなかった場合などに行う治療です。歯茎を切開することで、深い歯周ポケットを形成している病巣を可視化し、歯垢、歯石、感染組織などを除去して歯根の表面まできれいに清掃します。

GTR法

歯周病により歯槽骨が溶けてしまった場合、歯茎を切開した部分に「メンブレン」という膜を張って空間を作り、溶けた骨が再生されるのを待ちます。

エムドゲイン

エムドゲインとは、ブタの歯胚から抽出したエナメルタンパク質です。歯周病により歯槽骨が溶けてしまった場合、歯茎を切開した部分に「エムドゲインゲル」を挿入し、溶けた骨が再生されるのを待ちます。

スマイルブログ スタッフブログ 提携医院 石井病院 提携医院 山田歯科医院
TEL:078-911-2319